ブログトップ
映画「ガラスの使徒」公式ブログ
by garasunotsukai
9月11日(土)レンズ研磨機
7月26日、私は滋賀県中主町の特殊光学研究所にいました。池谷の仕事場に設置するレンズ研磨機の実物を見て、採寸したいという宮村さんの要望があったのです。宮村さんは、(有)スチールサイトで主に金属を用いた舞台道具などを手がけている方です。

東京から日帰りで滋賀県へ。現地に滞在する時間より車中の時間のほうがはるかに長い過酷なドライブでしたが、「来て本当によかった」と宮村さんは繰り返していました。

快く取材を受けてくださった世界に名高い反射鏡作りの名工、苗村敬夫さんの職人魂に呼応するように、真剣な表情で細かいところも見逃さずスケッチしている宮村さん。
b0009362_1516622.jpg
この日の二人の出会いが、劇中のレンズ研磨機を産んだのです。

サイズこそ違いますが、特殊光学研究所にあったものと姿カタチが同じ機械が、池谷の仕事場に設置されました。これだけの大きさのレンズを磨くために、実際にこういう機械が使われているのです。
b0009362_15162620.jpg
そして、苗村さんの手で磨かれたレンズ(反射鏡)を使った天体望遠鏡によって、これまで数多くの彗星や惑星が発見されてきました。
「ガラスの使徒」では、池谷が磨くレンズを通して、一体どんな地上の星が発見され
ていくのでしょうか。
[PR]
by garasunotsukai | 2004-10-06 15:10 | 現場日記
<< 今日の撮照さん 今日のドスコイ! >>